弁護士の選び方|離婚するなら離婚専門弁護士に相談!過払い金や相続に関する問題も解決できる

離婚専門の弁護士を正しく選ぼう!離婚理由のランキングも紹介

離婚が問題に

最近では離婚のトラブルが大きく取り上げられるようになってきました。財産や親権の問題でトラブルになることが多いのです。まずは、離婚の原因から見ていきましょう。また、離婚専門弁護士の選び方も紹介していきます。

離婚理由ランキング

no.1

性格の違い

1位は性格の違いです。離婚の原因として、最も多い理由とされています。結婚生活を始めてから時間が経つと、価値観や考え方が違うことに気付くようになるでしょう。一度嫌なことが目につくと、相手のことを許せなくなってしまうのです。相手をどうしても認めることができなくなってくるでしょう。また、共感することもできなくなってきます。新婚の頃は我慢できても、時間が経つことで不満が爆発することは珍しくないのです。

no.2

浮気や不倫

2位が浮気や不倫です。基本的にどちらかの浮気がバレることによって、離婚に発展してしまいます。また、1度目や2度目の浮気までは我慢する夫婦もいるのです。ですが、何度も浮気や不倫を繰り返されてしまうと、我慢も限界を達してしまいます。また、浮気や不倫の定義も人それぞれです。本人は浮気じゃないと思っていても、相手は違う捉え方をすることもあります。ちょっとしたことが、浮気と捉えられることも多いのです。

no.3

ドメスティックバイオレンス

3位はドメスティックバイオレンスです。通称DVと呼ばれることも多いでしょう。基本的に暴力を振るうのは夫の方だと言われています。ですが、最近では妻が夫に暴力を振るうケースも増えてきているのです。どちらかが暴力を振るうようになると、良好な関係を築くことは難しくなってしまいます。中には暴力によって大怪我を負ってしまう方もいるのです。ドメスティックバイオレンスによって離婚する夫婦は少なくないでしょう。

no.4

子供の世話

4位は子供の面倒です。夫の場合は、仕事や趣味を優先してしまっていることが多いでしょう。休日も子供の世話をしてくれない夫に愛想を尽かしてしまうこともあるのです。また、妻が家事をせずに、子供の世話をないがしろにしてしまうパターンも増えてきています。社会で働くことで、子供の世話をする時間がなくなってしまうのです。子供にとっても大きなストレスとなるでしょう。子供の世話は、離婚問題に発展するほど重要なのです。

no.5

モラルハラスメント

5位はモラルハラスメントです。最近になってから、よく聞かれるようになってきました。これはドメスティックバイオレンスとは違った、言葉の暴力とも言われています。悪口を言ったり、欠点を必要以上に指摘することで精神的なダメージを与えるのです。モラルハラスメントを受けた側は、ストレスが溜まってしまうでしょう。精神的に安らぐことができなければ、結婚生活を続けることができません。離婚に直結してしまうでしょう。

弁護士の選び方

人形

話を聞いてくれる

一般的に離婚の問題は長引くことが多いでしょう。夫婦間の話し合いだけで解決することは少ないのです。この時活躍してくれるのが、離婚専門の弁護士でしょう。一般的に離婚調停を経なければ、離婚裁判を起こすことができません。長期化する問題だからこそ、弁護士選びはとても重要なのです。まずは、きちんと話を聞いてくれる弁護士を探してみましょう。話を聞いてくれなければ、どこに問題があるのか把握することができません。しっかりと最初から最後まで話を聞いてくれるかチェックしておきましょう。

丁寧に説明

離婚問題に関しては、素人では分からないことが多いでしょう。特に、離婚調停や離婚裁判に関してです。優秀な弁護士であれば、分からないことは、しっかりと説明してくれます。話が理解できるようになると、安心感を得ることができるでしょう。また、不利なのか有利なのかも、はっきりと説明してくれます。自分が不利であることが分かっていなければ、対策することができない問題もあるのです。自分の状況をしっかりと把握することで、冷静さを保つこともできます。また、必ず勝てると豪語する弁護士は避けるようにしましょう。

広告募集中